BES(ベス)トークン(Battle eSports Coin)は、「Libes(Liberal eSports/リベス)」の仮想通貨トークンです。

BESトークンが発行されるLibes(リベス)「eスポーツ」×「NFT」×「オンラインギャンブル」を組み合わせた、世界初のプラットフォームです。

BESトークンを一言でいうと、

Libes(リベス)の運営収益の50%を配当として永遠に受け取れる、BESをもっているだけで不労所得が可能になるトークン

です。

BESTokenのプレセールやIEO日程、上場する取引所とその日程、トークンの特徴や価格上昇の根拠について解説します。

BESトークンのプレセール、IEO、上場の日程、トークン価格はそれぞれ以下のようになっています。

プレセール 12/6 18:00〜12/20 23:59 0.2円
IEO 12月中旬(未定) ××円※
上場  1/10 0.3円

BESトークンのプレセール価格は0.2円、上場価格は0.3円なので確実に0.1円の利益が出るよう配慮されています。

Libesの仮想通貨トークン/BESトークンの申し込みページ

12月20日までプレセール販売開催中! 

BESトークンのプレセールは12/6 18:00〜12/20 23:59

プレセール価格は1BES=0.2円になっています。

また、上場日は1/10で、ヨーロッパの人気取引所、モンゴルの最大級の取引所などで同時上場します。

BESトークンをプレセールで購入できれば、上場予定やその他のイベント開催も細かく日程が設定されているため、2022年に入り間もなく多くの利益を得られるのは間違いありません。

今回のチャンスを見逃すことのないよう、ぜひ当記事を最後までご覧ください。

BESトークンLINE登録用バナー

オープンチャット
BESトークンオープンチャット

BES(ベス)トークンのトランザクションを発生させるためのトークンエコノミー

BESトークンの正式名称はBattle Esports Coinです。

BESトークンのトークンノミクスは以下のようになっています。

BESトークンのトークノミクス

  • DAOエコシステム:400億枚
  • プレセール、IEO:150億枚
  • 運営陣:150億枚
  • 初期流動性提供:60億枚
  • スポンサー:50億枚
  • 戦略アドバイザー報酬:20億枚

今回のプレセールに150億枚のトークンを流通させ、BESトークンの流動性を促します。

また、初期流動性の提供として、60億枚のBESトークンを提供します。

BESトークンはゲーム内通貨として機能し、LIBESのeスポーツプラットフォーム内で交換価値を持つことになります。

そしてBESトークンは、Libesの意思決定のための投票権として機能する、ガバナンストークンでもあります。

BESトークンに参加することで、Libesのもつ非中央集権的な自律分散組織(DAO)の一員として、eスポーツ業界の発展に関与することができます。

BES(ベス)トークン(Libesの仮想通貨トークン)の価値が高騰して億り人を目指せる理由

BESトークンは、100%高額当選する宝くじを手に入れるようなものです。

プレセールに参加することで、億り人になる可能性も十分にあります。

なぜBESトークンにはそれほどまでに将来性が高いのか、3つの根拠をお伝えします。

BESトークンホルダーはLibesのスポーツベッティング報酬の50%を配当として受け取れる

BESトークンは所有しているだけでLibesのスポーツベッティングの報酬を受け取ることもできます。

スポーツベッティングでユーザーが投資した資金のうち、5%は運営の収益になるわけですが、その半分はユーザーに配られるのです。

つまりBESトークンは保有しているだけで、不労所得が得られることになります。

将来のBESトークンの価値上昇のことも考慮すれば、配当のトークンだけでも相当な金額になる可能性があります。

BESトークンは世界初のeスポーツプラットフォーム「Libes(リベス)」のネイティブトークン

BESトークンは、世界初のeスポーツプラットフォーム「Libes」のネイティブトークンです。

BESとは「Battle esports coin」の略。

プラットフォーム内での支払い、投げ銭、ベッティングなど、様々な場面で利用されます。

eスポーツの市場規模は年々成長しており、2020年には全世界で約1,165億円の売り上げが上がりました。

esportsとは

さらに、2023年には売り上げが1,758億円を突破すると見られており、今後の成長が著しい業界です。

eスポーツは現在世界中から注目を浴びており、特に盛んな韓国やフィリピンでは、国を挙げてeスポーツを応援しています。

特にフィリピンでは、政府が発行するeスポーツ選手の公式ライセンスが存在するほどに、国家単位でeスポーツの発展を後押ししているのです。

このような状況の中で、eスポーツ業界に今までになかった新しい可能性を提示するのが、今回のプロジェクトなのです。

eスポーツを後押しするLibes(リベス)が盛り上がれば盛り上がるほど、BESトークンの価値も高まっていく。

ということになります。

ゲームの仮想通貨銘柄にGameFiの銘柄があり、play to earn銘柄として盛り上がりを見せています。

そしてNFT・メタバース・モノポリーの要素を併せ持ったゲームプロジェクトのMETA GODのプロジェクトもLibesのプレセール販売促進局は推しています。

META GODの日本語サイトはこちらからアクセスできますので、是非ゲーム銘柄を探している方はチェックしてみてください。

e-sportsと同じく、メタバース銘柄として盛り上がることは間違いないです。

Libes(リベス)が盛り上がる根拠は、こちらで解説しています。

Libes(リベス)は国内初のeスポーツDAO(自立分散組織)からなるプラットーフォーム

Libesの仮想通貨トークンである、BESトークンの価値が高騰する理由は、LibesがDAO(自立分散組織)からなるプラットフォームであるからです。

リベスには管理者が存在しない非中央集権的なDAO組織で、BESトークンの保有者がプラットフォームの運営に関与できます。

そのためBESトークンの所有者は、リベスのプロジェクトの運営収益を享受する権利を持っています。

BESトークン保有者は具体的には

  • リベスのベッティング運営収益の50%
  • ステーキング報酬

などのリベスの運営利益を得ることができます。

このDAOを基本設計に組み入れたスポーツベッティングプラットフォームは、Libesが国内初の取り組みになります。

そのためライバルも存在せず、eスポーツの盛り上がり=リベスの盛り上がりに直結します。

ベストークンは「右肩上がりの市場」のeスポーツベッティングのための通貨

右肩あがりのeスポーツ業界のプラットフォームであるLibesBESトークンの購入者配当には、Libesのスポーツベッティングプラットフォームプロジェクトが関わってきます。

そしてそのeスポーツの市場が年々右肩上がりであることが、BESトークンの配当が増していく根拠となるのです。

“eSports”(ビデオゲームを使った競技)は年々、ますます盛り上がっていて、2021年には約8,000万人の試合観戦・動画観戦者がいます。

その理由として、昔プレイしていた「あのゲーム」も今では国外大会で莫大な賞金が出てたりするからです。

Libesの協賛である”荒野行動”の過去大会ではなんと1億円の賞金も出たことがあったほどです。

世界で一番大きい大会だと、230億円!の大会優勝賞金が出たこともあります。

優勝の瞬間には、ゲームプレイヤーであるeスポーツ選手も観客も実況も、それこそ狂乱の騒ぎになる程熱狂的なゲーム熱で包まれます。

Libesがスポンサー契約をしているプロチーム主催の大会も公開されています⏬

みんなが手放しで熱狂できるゲームスポーツであるからこそ、ゲームプレイヤーも観戦者も増え、これからどんどん成長していくことが容易に想像できます。

そして、ゲームプレイヤーの優勝者を予想してベッティング(賭け)をする市場も、同時に成長していきます。

Libesのベッティング参加者が劇的に増え、ベッティングの運営費用も劇的に増幅することも容易に想像できます。

そしてBESトークンホルダーにはゲーム大会のベッティング運営費用から配当が入るので、年々収益が増していくという納得の仕組みがあります。

プレミア付きNFTの転売により、一撃で億単位の利益を得られる可能性

BESトークンを利用することで、ゲーム大会に参加するプレイヤーはNFTを作成し販売することができます。

このことによってeスポーツ選手は販売益を上げられますが、NFTの恩恵を受けるのはeスポーツ選手だけではありません。

プロのゲームプレイヤーであるeスポーツ選手と対戦できるNFTの取得によって、ユーザーも様々な特典を取得できます。

eスポーツ選手は「自分とゲームで遊ぶことができる」NFTを販売することで大きな利益を得られる

プレイヤーは試合中にユーザーによって行われる投げ銭によって、報酬を得ることができます。

これだけも人気ゲームプレイヤーの収益になりますが、さらに大きな収入源になりうるのがNFTです。

プレイヤーは様々なものをNFT化することができ、現時点では以下のようなものが想定されています。

  • ゲームの印象的なワンシーンを切り取ってNFT化する
  • プレイヤーと一緒にゲームプレイできる権利
  • 試合中に広告宣伝できる権利

こういったNFTはeスポーツ選手の熱狂的なファンにより、かなりの高額で取引されることが容易に想像できます。

特に、スタープレイヤーと一緒にゲームをできる権利は、高額で取引される可能性が高そうです。

ユーザーはNFTの転売で利益を出せる

Libes NFTストア

NFTで利益を出せるのはeスポーツ選手であるプレイヤーだけではありません。

Libesの一般ユーザーも転売により利益を出せます。

NFTはLibes内のNFTマーケットで販売され、転売ができるのです。

NFT発行時には、お金の用意が間に合わない、販売に気が付かなかったなどの理由で、購入できない人も出てくることでしょう。

こうした場合に、欲しくても購入できなかった人が、後々高額でNFTを購入する可能性は高そうです。

丁度、ジャニーズのコンサートチケットがネットで高額販売されているのと同じように、限定NFTも高額で取引されるのは間違いありません。

そのため、NFTの転売益目当てに、プラットフォームを利用する人も現れるかもしれません。

こうしたユーザーがBESトークンを購入した結果、価格が高騰する事態も考えられるでしょう。

 NFTには将来的にプレミアがつき一撃で億単位のお金が手に入る

Eスポーツの業界はまだまだ新しいため、現在は無名でも将来スターになる選手が間違いなく眠っています。

こういった未来のスター選手のNFTは、発行当初は無価値に等しいかもしれませんが、数年後にはその価格が大きく高騰するのは言うまでもありません。

特に試合中に行われたスーパープレイの瞬間を切り取ったような、伝説的なNFTが誕生すれば、相当な価格が付くことが予想できるでしょう。

また、NFTという存在自体が、高価格で取引される性質があるのも、注目すべき点であると言えます。

2021年にはNFTアートが6900万円で購入されたことで話題になりましたが、このようにNFTには常識ではありえない高値が付くことが実際にあるのです。

その時に、所有者はプレミア付きのNFTを売却することで、巨大な利益を出すことができるのです。

世界的な人気を持つスタープレイヤーのNFTであれば、億単位の価格でNFTが取引されても全くおかしくありません。

BESトークンのIEOは世界第22位の取引量を誇る取引所で行われ、一瞬で売りきれる

BESトークンはすでに取引所でのIEO(取引所でのプレセール)が行われることが決定しています。

世界規模でIEOが行われるため、一瞬で売り切れることが確定しています。

また、その注目度により、IEO・IDO(取引所への上場)が行われた後も、価格が高騰します。

IEOは一瞬で売り切れることが分かり切った内容になっていますが、すぐにIEOが販売終了になってしまう理由な何なのでしょうか?

その理由を説明します。

取引量が世界22位の仮想通貨取引所「IDCM」でのIEOが開催される

BESトークンのIEOは、香港の仮想通貨取引所のIDCMで行われることが決定しています。

この取引所は、取引量が世界22位を誇る超大型の取引所。

そのため、IDCMで行われるというだけの理由でも、多数の人が投資チャンスと判断し、購入者が殺到します。

IEOは取引所を通したトークン販売なので、取引所の審査を通過しなければ開催できません。

そのためLibesが、厳しい審査を通過した全うなプロジェクトであることが、証明されたことになります。

 IEOは世界中から注目されており、一瞬で売り切れることが確定済み

IDCMは世界トップクラスの取引量を誇る取引所なので、IEO開催時には世界中の投資家が押し寄せます。

そのため、今回のBESトークンのIEOの際にも、爆益のチャンスを狙い、世界中から購入希望者が集まることでしょう。

将来性が期待できる仮想通貨のIEOでは、開始直後に一瞬で売り切れることが珍しくありません。

そのため、今回のも開始数秒ですべてのトークンが売り切れ、販売が終了することが予想できます。

今回のような大型案件だと、開始時間に備えたとしても、参加できない可能性があります。

それほどまでに、今回のBESトークンの競争率は高いです。

2022年3月にはプラットフォームが稼働するため、IEO後すぐにトークン価格が暴騰する

BESトークンは、今後のプラットフォーム運用開始時期の早さにも特徴があります。

BESトークンは12月にIEOが行われますが、なんと2022年3月には、早くもプラットフォームが稼働し始めるのです。

そのため、実際の試合の観戦や投げ銭、ベッティングをわずか数か月後には行えるようになります。

多くの場合、大きな将来性が期待できるプロジェクトでも、プラットフォームの始動までには数年単位の時間がかかるのが普通です。

そのため、IEO終了後数か月で稼働スタートするのは、異例のスピード感と言えるでしょう。

実際にプラットフォームが動き出せば、全世界のユーザーはLibesを体験することになります。

そのため、2022年3月には一気にトークンの需要が増えます。

その際にはトークン価格が大幅に高騰することになり、プレセール参加者からは億り人が続出するのです。

数年間という長い時間を待つ必要が無く、ほんの数か月の待機時間のみで人生が大きく変わるのは、BESトークンの大きすぎる魅力の一つでしょう。

当サイトでは特別枠でBESトークンを購入できる

当サイトでは特別なルートにより、プレセール価格でより早くトークンを入手できるチャンスを案内できます。

以下がプレセールの詳細です。

ハードキャップ枠 10億円
トークン価格  1BES=0.2円
告知開始 12/4 18:00〜
期間 12/6 18:00〜12/20 23:59
プレ価格 0.2円 = 0.0018ドル
最低購入額  500ドル〜
ロックアップ毎月  10%ずつ

最低購入金額は500ドル~に設定されており、比較的参加しやすい条件になっています。

プレ価格では0.2円でトークンを購入でき、取引所に上場する際には0.3円になります。

このように、プレセールに参加したときよりも0.1円高く売れることは確定しており、損をしないよう配慮されています。

Libesの仮想通貨トークン/BESトークンの申し込みページ

12月20日までプレセール販売開催中! 

オープンチャット
BESトークンオープンチャット

販売枚数は10億円分限定で一瞬で売り切れるので買わなければ損

今回のプレセールでは、購入できるトークンの数量は10億円分に限定されており、一瞬で売り切れる可能性が高いです。

また、2回目のプレセールは開催されないため、トークンを1BES=0.2円で購入できるのは、今回が勇逸のチャンスになります。

BESトークンは価格が大幅に高騰することが確定しているため、LibesやBESトークンの情報を知ったからには、購入する以外の選択肢は考えにくいです。

買わない選択をすれば、後で大きな後悔することになるため、確実に購入することをおすすめします。

BES(ベス)トークンのLibes(リベス)がeスポーツ×ベッティングの革命的存在になる理由と根拠

リベス

Libes(リベス)はBESトークンがネイティブトークンとして利用されるプラットフォームです。

Libesには3つの特徴があり、

  • ベッティング(賭け)
  • ギフティング
  • NFTの販売

という、3つの側面を持っています。

【動画】リベスのプラットフォームのプロトタイプ(試作)

Libesの存在によりBESトークンが将来的に爆上げすることが決定づけられています。

Libesは単なる新しいプラットフォームというだけの存在にはとどまりません。

Libesはeスポーツの業界そのものを大きく変える存在になるのです。

Eスポーツは日本では特にまだまだメジャーな存在とは言えず、プロ選手が活躍する姿を見たことが無いという方も多いでしょう。

※eスポーツとは・・・

ストリートファイター2のようなゲームの大会で、優勝者には何千万円もの賞金が贈られる。

市場規模は1,000億円を超えていて、まだまだ伸びている。

それだけ、彼らが活動できる場所がこれまで少なかったのです。

こういった現状をLibesが塗り替え、eスポーツのあり方を根本から変えます。

Libesを通して、eスポーツ選手は活躍の場を持つことができ、そしてLibesはインターネットを通じ、様々な目的をもった多くの人からアクセスされます。

そのため、世界中に人々にとってeスポーツは今よりもはるかに身近な存在になるのです。

ここではその理由を解説します。

Libesのeスポーツ×ベッティングは高還元率で世界が大注目

Libes×esports

Libesの大きな特徴として、スポーツベッティングの配当率の高さがあります。

スポーツベッティングは、配当率が高ければ高いほどベッティング参加者が増え、プラットフォームが盛り上がります。

Libesでベッドされた金額は、具体的には以下のような割合で配分されます。

  • ゲームプレイヤー賞金:15%
  • 運営:5%
  • ユーザー(賭ける人):80%

Libesではこのように、掛け金のなんと80%がユーザー(賭ける人)に支払いされる仕組みになっています。

比較対象として挙げますが、日本国内の宝くじは還元率が40%です。

このことから考えれば、いかにLibesのベッティングが高還元なのかがよくわかるでしょう。

Libesのブロックチェーン技術により可能になる公正な試合結果

Libesはブロックチェーンを利用したプラットフォームのため、試合結果に対しての不正はできません。

オンラインカジノやブックメーカーなどのオンラインギャンブルの世界では、「運営が不正を行っているのではないか」という疑いが常に持たれています。

そのため、透明性が高いブロックチェーンを活用したプラットフォームには、大きな存在価値が有るのです。

つまり、フェアで不正が起こらない環境で、高還元のベッティング報酬を受け取れるのがLibesということになります。

当然、世界中のギャンブル好きな人々が、Libesに押し寄せることが想像できるでしょう。

Libesはeスポーツ選手の新たな収入源として機能する

Libesは世界中のeスポーツの選手たちが新しく活躍する場所として機能します。

eスポーツはまだ新しい業界ということもあり、今まではプロのゲームプレイヤーであるeスポーツの選手が活躍できる場所はあまりありませんでした。

eスポーツの選手は、収入を得るには大会で賞金を稼いだり、YouTubeで広告収入を得たりという手段しかなかったのです。

そのため、プロのゲームプレイヤーは収入が不安定になりやすく、大会での勝敗にも大きく依存していました。

eスポーツ選手の経済状況に一石を投じるのが、Libesです。

今後eスポーツ選手たちは、Libesで活動することで、投げ銭やNFT販売、ベッティングを通して収入を得られます。

Libesのプロジェクトの成功によってeスポーツ選手の活躍の場が増え、収入もこれまでの何倍にも増えます

Libesはeスポーツ選手の引退後の生活も保障する

Libesはeスポーツ選手の引退後の生活にも解決策を提示します。

eスポーツの歴史は浅く、選手も比較的若い人達がほとんど。

そのため、引退後の生活が話題になることは少ないです。

しかし、実はプロ選手としての寿命は短い可能性が高く、現役を退いた後のキャリアは重要な課題なのです。

eスポーツ選手の引退後の生活問題を解決するのが、Libesのプラットフォーム

現役時代には、彼らが収入を得る場所を提供し、引退後の生活についても、Libesが今後解決策を提示していきます。

そのため、世界中のプレイヤーにとって人生を左右する、革命的な存在になるのは間違いありません。

eスポーツ選手がLibesの影響で人気者になり、アーティストのように活躍出来る

Libesの登場により、eスポーツ選手の地位が大きく向上するのも間違いありません。

今まで日本ではゲームに対するイメージはそれほど高いとは言えませんでした。

「根暗なイメージ」「時間の無駄」「ゲーム中毒」などのネガティブな印象を持つ人も、少なくなかったのです。

しかし、これからはLibesの登場により状況が大きく変化します。

eスポーツのプレイヤーには世界中を熱狂させる力があることが世間に伝わり、彼らの評価が大きく向上するのです。

Libesでスター選手が誕生することで、今後は子供たちが将来の夢として、プロeスポーツ選手が1番ばりたい夢になることも十分に考えられます。

Libesのプラットフォームが世界的大成功を確信させる様々な動き

Libesが世界的なプラットフォームになることを確信できる3つの根拠が存在します。

その3つの根拠を紹介します。

eスポーツチームの【aD】を率いているフォロワー35万人の石田挙智さんという、人物が推薦

石田挙智さんは、「超無課金」の名前で活動しているプロゲーマーの方で、どんな方かをざっとまとめると以下の通りです。

■フォロワー35万人のインフルエンサー

※石田さんのTwitter
https://bit.ly/31CHA20※チームaD公式ツイッター
https://twitter.com/oreratuyoi?s=11

■【aD】というプロeスポーツチームを率いている代表

※【aD】公式サイト
https://oreratuyoi.jp/

■YouTuberヒカルの友達

(石田さんのTwitterをご覧ください)
https://bit.ly/31CHA20

石田さんはプロゲーマーですが、今回のLibesのプロジェクトに大変賛同しており、プロジェクトの成功を願っている一人です。

動画の中で、

「Libesは、プロジェクトの成功が、ゲーマー、仮想通貨投資家、運営の全員を幸せにするプロジェクトである」

と語っています。

【動画】
現αD代表【超無課金】さんと甲斐義和との対談動画🎮

「e-Sports選手目線で見る【Libes】の価値」をテーマに語っています。

甲斐×無課金こと石田挙智さん 対談1

甲斐×無課金こと石田挙智さん 対談2

甲斐×無課金こと石田挙智さん 対談3

プロゲーマーにも賛同される今回のプロジェクトのLibesが、いかに期待値が高いかおわかりいただけましたでしょうか?

そして、そのLibesの仮想通貨である「BESトークン」こそ、Libesプロジェクトを応援することになる、可能性が無限大の仮想通貨なのです。

海外のeスポーツ企業が参加を希望しており、様々な人気ゲームがリストイン

さまざまなゲーム企業がlibesに参戦予定

Libesにはすでに、海外のeスポーツ企業が参加を表明しており、今後様々なゲームがリストインすることが決定しています。

リリース前の現段階では、プラットフォームで扱われることが発表されているのは荒野行動のみ。

しかし、運営にはすでに世界中のeスポーツ企業から参加希望の連絡が入っており、多数のゲームのリストインが水面下で決定されています。

そのため、世界中のあらゆるゲームのプライヤー・ファンがプラットフォームを訪れることとなり、利用者が爆発的に世界中で広がっていくことでしょう。

今後発表されるゲーム名には、おそらく世界中が驚愕するほどの、ビッグネームも入っていることでしょう。

その際には、BESトークンが購入され、トークン価格は大きな成長を見せるに違いありません。

世界的なブロックチェーンイベントにも出展済みで知名度抜群

Libesのプロジェクトはすでに、国内外の代表的なブロックチェーンイベントに出展しています。

そのため、すでに日本、海外のメディアからも多数の取材を受けており、知名度も高いのです。

具体的には以下のようなイベントで存在感を示しました。

ブロックチェーンEXPO秋in 幕張メッセに出展し、一流企業と肩を並べる知名度をもつ

ブロックチェーンEXPO秋 in 幕張メッセ

ブロックチェーンEXPO秋
in 幕張メッセ

Libesは2021年10月に開催された「ブロックチェーンEXPO 秋 in 幕張メッセ」に出展しています。

幕張メッセの様子


※ブロックチェーンエキスポ幕張メッセの様子

現在稼働前のプロジェクトでありながら、すでに大型イベントに出展しているのは注目すべき点と言えます。

このイベントにはLINE BlockchainbitFlyerといった日本国内の有名企業も出展しました。

つまり、Libesは国内で存在感を示し、大型取引所に肩を並べる存在になったとの見方ができます。

ここに出展したことにより、国内のブロックチェーン関連企業やeスポーツ業界の人たちは、Libesの存在に気が付き興味を持ったことでしょう。

具体的な発表はされていませんが、このイベントを通して水面下で提携が決まったゲームも多数存在していると考えられます。

ドバイ万博のブロックチェーンイベントにも出展!世界中のメディアから取材を受ける

ドバイで行われたブロックチェーンイベントにLibesが参加

Libesはドバイ万博で行われたブロックチェーンイベントにも出展しています。

動画はドバイ万博で行われたブロックチェーンイベントの様子です。

その際には、Libesの可能性に気が付いた世界中のメディアから取材を受け、ワールドワイドに存在を知られることとなりました。

今後世界中のニュースサイトなどで、Libesが特集され大幅に存在感が高まっていくことでしょう。

情報感度の高い投資家は、プラットフォームが動き出してすぐBESトークンに投資するはずです。

その前にプレセールでいち早くトークンを購入しておけば、先行者利益を得られるのは言うまでもありません。

第一回eスポーツビジネスEXPOに出展決定!

第一回eスポーツビジネスEXPO Libes出展決定

2022年6/29〜7/1に行われる、「第一回eスポーツビジネスEXPO」に出典が決定しています。

日本で初のeスポーツのBtoB、BtoCイベントです。

有名ゲーマーや、メーカーさんも出展します。

仮想通貨専門情報誌「月間暗号通貨」にも掲載され、高評価を受けている

BESトークンが月間仮想通貨に掲載

Libesは国内の仮想通貨専門の情報誌、「月間暗号通貨」にも情報が掲載されました。

11/20発売号で、Libesが世界初のeスポーツプラットフォームであり、今後が期待できると紹介されています。

月間仮想通貨は、毎月発行されている月刊誌で、最新の仮想通貨の情報をリサーチし掲載していることで非常に評判が高いです。

仮想通貨を始める初心者~慣れている方まで役に立つ情報が盛り込まれており、過去には数々の爆上げコインを的中させてきた歴史があります。

この雑誌ではLibesを注目銘柄として掲載しており、やはり記者の方も高い将来性を感じたようです。

荒野行動プロ契約チーム「Xeno」とはスポンサー契約を締結済み

Libes × XeNoLibesは現在すでに荒野行動プロチーム「Xeno」との提携が決定しています。

Xenoは、ツイッターのフォロワーが約9万4000人の大人気チーム。

現在すでに、彼らのプレイがLibes上で見られることは確定しているのです。

荒野行動は言わずと知れた大人気ゲームなので、これだけでもLibesの営業力を図り知ることができます。

今年の12月にはβ版の大会が早速開催され、さらにLibesの知名度が上昇する

Libesの本格的な始動は2022年3月ですが、β版のリリースは2021年12月です。

IEOが行われるのが12月なので、そこから1か月以内にβ版が動き出すことになります。

これはまさに驚異的なスピード感と言えるでしょう。

β版では、投げ銭やベッティングの機能はまだないと考えられますが、Libesでの大会がどのように行われるかを観戦することはできます。

この機会に、世界中の人々がLibesのプラットフォームの価値に気が付き、興味を持つ人の数はさらに増えることになるでしょう。

また、β版の大会では試合が行われるだけではなく、重大発表もなされます。

ゲーマー育成学校との連携や、選手引退後の経済支援についてのアナウンスが行われるのです。

このことにより、Libesの利用によりeスポーツの選手がいかに好待遇を受けられるのか、具体的な内容を知ることができます。

発表内容によっては、さらにLibesの注目度は高まることになりそうです。

コロナ禍と非常に相性がよく、世界中の様々なユーザーがプラットフォームに参加する

Libesのメリットの一つとして、コロナ禍と非常に相性がいいことが挙げられます。

2021年12月現在、日本ではコロナウイルスは非常に落ち着いた状況ですが、世界的にはまだまだ猛威を振るっています。

最近では新しい変異株であるオミクロン株も出現し、いつ収束するのか全く分からない状況が続いていると言えます。

こういった時代に、場所や時間を選ばずにプラットフォームにアクセスでき、観戦・NFTのショッピング・ベッティングなど様々な楽しみ方ができるプラットフォームに、需要が無いわけがありません。

プロ選手が行うゲームテクニックをリアルタイムで見ながら、様々な楽しみ方ができるからです。

もちろん、コロナウイルスが収束した後にも、Libesは存在感を示すでしょう。

Libesの試合を大勢で観戦する専門の店舗や、イベントも登場することも考えられます。

 プレイヤー(ゲームの大会に出る人)はブックメーカーを通し、一獲千金を狙える

Libesのブックメーカーでは、ベッティングされた金額の15%をプレイヤー(ゲームの大会に出る人)が受け取ることができます。

ベットは世界中のユーザーからの合計金額で計算されるため、すさまじい金額になります。

世界的に注目度の高い試合であれば、一度の試合での別途金額が、100億円以上になることも十分にあり得るでしょう。

そうなれば、たった一度の試合に勝つだけで、eスポーツのゲームプレイヤーは15億円以上もの賞金を手に入れることができます。

このように、実力あるプレイヤーにとって夢を掴むための舞台になりえるのが、Libesプラットフォームのベッティングシステムなのです。

BESトークンLINE登録用バナー

「BESトークン」の入手で確実に富裕層に仲間入りできる4つの特徴

BESトークンは、今まで存在しなかったeスポーツのプラットフォームで利用されるネイティブトークンです。

日本産の仮想通貨であり、過去には存在しなかったeスポーツという新しいプラットフォームであることから、将来性を期待されています。

日本では過去に数種類有名な仮想通貨が生まれており、以下のように価格が暴騰した歴史があります。

Xpという仮想通貨は最大10万倍、モナコインは766倍に価格が暴騰した歴史があります。

このように国産の銘柄は、価格を大幅に上昇させてきた過去があります。

BESトークンは単に日本産というだけでなく、このあと紹介するように実用性も非常に高いことから、1000倍程度の価格上昇は期待できるでしょう。

BESトークンは入手できれば確実に億万長者になり、富裕層の仲間入りができます。

これまでどんな人生を送ってきたかには一切関係なく、経済状況を一瞬で変えてしまう力を持ったトークンと言えます。

その4つの理由をご説明します。

 BESトークンはプラットフォーム内で3つの役割を持ち、価格が確実に高騰する

BESトークンの使用用途

BESトークンは、プラットフォーム内で主に以下の3つの役割を持ち、確実に価格が高騰する仕組みになっています。

  • ギフティング
  • ベッティング
  • NFT

ギフティングとはeスポーツ選手にトークンを投げ銭すること。

プレイヤーに投げ銭することで賞賛の気持ちを与えることになり、プレイヤーの収入源になります。

ベッティングは、試合の結果に賭けるギャンブルのことです。

ベットしたチームが試合に勝てば、報酬を受け取ることができます。

NFTは、プレイヤーが販売できるもので、大会のワンシーンなどをNFT化することが可能です。

これによりプレイヤーは収益を得ることが可能です。

こうした様々な場面でトークンが買われ流通することになります。

過去にeスポーツとNFTそして、オンラインギャンブルを全て組み合わせたプラットフォームは存在していませんでした。

しかし、今回のLibesの登場により、様々な形でトークンが流通する仕組みが完成します。

そのため、多種多様な目的を持った人がトークンを購入し、価値が高まることになります。

ステーキングではBESトークンの数量を大幅に増やし利益をさらに大きくできる

BESトークンのステーキング

BESトークンはステーキングで数量を増やすことが可能です。

そのため、プラットフォームに預け入れることで仮想通貨の数量を増やすことができます。

つまりステーキング報酬と運営からの配布により、所有量を大幅に増やしてから売却できるということ。

BESトークンは期待値が1000倍以上の仮想通貨ですから、ステーキングすることで所有量を増やすメリットは計り知れません。

ステーキングを有効活用することで、さらに利益を大きくできることでしょう。

BESトークンはガバナンストークンとしても機能しプラットフォーム運営に参加できる

BESトークンはプラットフォームのガバナンストークンとしても機能します。

LibesのプラットフォームはDAO(分散型組織)と呼ばれる形態で運営されます。

そのため、どういったゲームを取り扱うかなどの重要な決定を行う際には、ユーザーの投票で今後の選択が決定するのです。

BESトークンはこの時に投票権利として機能し、Libesの意思決定に、自分の考えを反映されることが可能になります。

この際の投票権はおそらく、一人一票という形ではないはずです。

トークンの所有量に応じて、一票の重さには差がつきます。

投票権のために、トークンを購入する人も出てくることでしょう。

 世界中のプレイヤーが巨額を投じ熱狂することで、ブックメーカーで巨額が動く

ブックメーカー(スポーツベッティング)の機能が搭載されているのも、Libesプラットフォームの重要な一面です。

以下のような理由から、ブックメーカーを通し巨額のマネーが動くこととなり、トークンの価値は急激に高まるでしょう。

外国人ユーザー(賭ける人)がブックメーカーに夢中になり巨額をベットする

日本人目線では想像がつきにくいですが、外国人はブックメーカーに資金を投じる際には、熱狂的に応援をしながらゲームの観戦をします。

そのため、熱くなり巨額をベットすることが珍しくないのです。

例えば海外ブックメーカー業者のウィリアム・ヒルでは、ボクシング選手のメイ・ウェザーの試合に1億2000万円をベットした人物がいました。

このように、海外では話題性の高い試合においては、日本では考えられないくらいの熱狂が起こり、多額のマネーが動くのです。

Libesでも話題となるような試合においては、信じられないような巨大な金額が、ベッドされることが予想できます。

一度の試合で数百億円分のトークンが購入され、ベッティングに使われても全くおかしくありません。

数百億円分のトークンが購入されれば、恐ろしいほどに相場が動くのは言うまでもありません。

こういったことが現実になる前にBESトークンを保有していれば、残りの人生を遊んで暮らせるだけの資金が一瞬で手に入るでしょう。

ベッティングのために世界中で大量のBESトークンが購入され、トークン価格が大幅に上がる

Libesの中では投げ銭やNFTの売買でも多額のトークンの流通が発生しますが、やはり最もトークンが購入されるのはベッティングでしょう。

オンラインギャンブル市場は2020年に約598.8億米ドルで、2027年には1,282億8,000万米ドルに達する見込みです。

日本人からするとイメージしにくいのですが、世界ではこれだけオンラインギャンブルが盛んなのです。

eスポーツの試合結果にベッティングするLibesは、こういったオンラインギャンブル市場の成長と非常に相性がいいです。

そのため、大量のオンラインギャンブルユーザーたちが、Libesプラットフォームの噂を聞きベッティングを行いに来るでしょう。

その際には当然BESトークンを購入しなければ賭けができませんので、大量のトークンが買われることになるのです。

Libesの仮想通貨トークン/BESトークンの申し込みページ

12月20日までプレセール販売開催中! 

Libes(リベス)のプロジェクトの詳細

Libesのプロジェクトの詳細について、以下の構成でご紹介します。

  • ロードマップ
  • IEO日程
  • 上場予定

Libes(リベス)とBESトークンの運営者

運営者は甲斐義和さんという、甲斐義和さんは、Libesを運営している(株) Liberal Mind の代表で、今回のプロジェクトをすすめています。

(株) Liberal Mind はLibesのための新設法人とのことですが、ほかにRAKUZA(楽座)という事業を経営しています。

この楽座では、世界的に人気のアニメ、ドラゴンボールやドラゴンクエストなどのコンテンツを取り扱っていて、丸井にマーケットプレイスを開いています。

※楽座HP
https://rakuza.io/

そして楽座を運営するRAKUICHI株式会社は、資本金が1億5000万円と、かなり資金力のある会社です。

※楽座の運営者情報
https://rakuza.io/company/index.html

資金力もあり、すでにブロックチェーン事業でも成功している方が甲斐さんという方です。

その方がすすめるLibesのプロジェクトなので、かなり安心できるプロジェクトと言えます。

本名を出してのプロジェクト進行ですので、かなりその本気度が高いです。

ロードマップ

BESトークンのロードマップ

Libesは完成までの期間が短く、ロードマップは以下のようになっています。

2021.10.11 荒野行動プロ契約チームXeNo
スポンサー契約
2021.11.01 XeNo公式eスポーツ大会
運営権のスポンサー契約
2021.12.xx Libes主催e-Sports大会開催

Libesβ版リリース

E-Sports業界および社会に対する
貢献活動ステートメント※発表

2022.3.xx Libesグランドオープン

2021年12月にはβ版がリリースされ、2022年3月にはグランドオープンするスピード感が特徴的です。

そのため長期間待つ必要なく、IEOのわずか数か月後にはトークン価格の大暴騰により、サラリーマンの平均生涯年収以上の大金が手に入ることになります。

IEO日程

IEOの日程は以下のようになっています。

日程 12月中旬
IEO開催取引所 IDCM

正式な日程は不明ですが、12月中旬のため間もなく開催されることになります。

IDCMは取引量が世界第2の取引所なので、言うまでも無く非常に注目度が高いIEOになります。

一瞬で売り切れるため、購入できるかどうかはネット環境や、端末の操作スピード、運にも左右されるでしょう。

上場予定

IEO後には複数の取引所に上場することがすでに決定しており、現時点で以下の情報が出ています。

上場取引所
  • ヨーロッパの人気取引所
  • モンゴルのとある取引所
  • ユニスワップに同時上場
上場価格 0.3円
上場日  1/10

1/10には取引所に上場します。

上場時は3か所の取引所に同時上場すると公式から発表されています。

そのため、世界的に注目が高まることは間違いありません。

上場する取引所名は〇〇 Exchangeと、モンゴル最大級の取引所、モンゴルで12月に立ち上がる新規取引所、DEXではユニスワップにも上場します。

ヨーロッパの取引所の名前は現在不明です。

明らかになった際にはビッグニュースになる可能性も高いです。

参加方法

プレセールの参加手順は以下になります。

より詳しい買い方はこちらにまとめてありますので、ご覧ください。

①ETH(ERC20イーサリアム)、USTD送金
②お申し込みフォームのご記入
③トランザクション等(着金)を確認し、完了し次第トークン配布12/6 18時にプレセール参加用のフォームを当サイトで公開します。

その時に送金先のアドレスが表示されるため、そのアドレスにイーサリアムを送金してください。

イーサリアムはメタマスクに入れておくといいでしょう。

また、ガス代もかかるのでその分も考え、多めにウォレット内に用意しておいてください。

次に下のコントラクトアドレスをコピーしてから、メタマスクのトークン追加(import tokens?の部分)に貼り付け、xBESトークンとBESトークンをメタマスクに追加します。

BESトークンとxBESトークンのコントラクトアドレス

xBESトークン

コピペ→ 0x393A9693142268898A90DC5a77e3c72Fecf12fAD

BESトークン

コピペ→ 0x805856f176625843d14097017618E224F4607D2D

送金が完了したら、申し込みフォームにも記入して送信しましょう。

着金確認後、48時間以内に運営からxBESというトークンが送られてきます。

このトークンは、BESトークンの代わりになるもので、BESトークンは1/10に受け取り可能です。

注意点として、トークン受け取りアドレスに、絶対に仮想通貨取引所のアドレスを入力してはいけないということです。

取引所アドレスを入力すると、最悪の場合トークンが引き出せなくなる、もしくは、引き出せたとしても非常に時間がかかることが考えられます。

そのため、メタマスクなどのイーサリアムウォレットのアドレスをトークン受け取りに利用するようにしてください。

Libes(リベス)とBESトークンについてのQandA

質  問 回  答
Q,プレセールで使用できる通貨は、ETHのみですか? A,プレセールではETHあるいはERC20のUSDTで購入可能です。
Q,xbesアドレスは、購入前に、メタマスクなどに、xbesトークンを登録する必要があるのでしょうか? A,0x393A9693142268898A90DC5a77e3c72Fecf12fAD  ←こちらのコントラクトアドレスで、メタマスクにxBESを追加しておいてください。
Q,ステーキングにまわしたBESでは、配当が受けとれないのでしょうか? A,配当はトランザクションを元に分配するため、ステーキングをしていても受け取れます。
Q,BESトークンを買うためにイーサリアムを送るのですが、ビットポイントから送れますか?? A,ビットポイントから送り、メタマスクで受け取ることも理論上は可能です。しかし、受取ウォレットからの送金が推奨されていますので、自己責任となります
Q,ツイッターを検索していると11月の中旬にすでにBESトークンをプレセールで購入したと呟いていた方がおられました。価格等は公表されていませんが、10分で10億完売と書かれていました。 A,BESトークンのプレセールは今回が初めてです。ですので、BESという別のトークンの可能性があります。
Q,売上1000億はeスポーツマーケット全体を指すと存じますが、リベス単体での事業の月売上はどれくらいの金額規模で想定しておりますでしょうか? A,ホワイトペーパーにも記載があるのですが、リベスは2022年のeスポーツブックメーカー市場である1兆ドル(113兆円)のうち、最低1%のシェアを狙っているようです。つまり、年間売り上げ1.3兆円を目指していることから、月の売り上げは約1000億円を想定しているとのことです。
Q,配当を獲るための投資額最小ラインはございますでしょうか?
500$最小額でも配当を獲る権利適用されますでしょうか?
また、配当を獲る権利はプレ参加者のみでしょうか?
A,配当はすべてのBESトークンホルダーに還元されます。いつどれだけ取得したとしても問題ございません。
Q,プレセールでのレートの判断はどのタイミングになりますでしょうか? A,ETHのフィックスレートの計算は毎日午前10時のJST時間で計算されます。
Q,ロックアップはありますか? A,あります。毎月10%ずつロックアップを解除していきますので、上場後にトークン価格が急落することがありません。ロックアップの解除方法として、毎月10%のxBESをBESに交換する方式をとります。
Q,ロックアップはいつ解除されますか? A,毎月10%ずつロックアップを解除していきます。ロックアップの解除方法として、まず購入時に100%のxBES毎月が送られてきます。取引所で販売可能な通貨がBESで、毎月10%のxBESをBESに交換する方式をとります。
Q,日本ではスポーツベッティングが非合法ですが、荒野行動など日本での展開を中心に据えているが、認可が下りなかった場合はどのように考えているのか? A,実は許可が必要でない領域があります。Libesの中でのベッティングやギフティングなど、全ての機能に使うために、内部でポイント変換を行います。これは資金決済法上の「自家型前払式支払手段」に当たりゲームセンターのメダルのような扱いになります。ゲームセンターで競馬をしても違法ではないのと一緒と考えていただければ大丈夫です。
Q,xBESトークンて何の意味があるのでしょうか? A,プレセール期間に購入すると、届くのはBESトークンではなくxBESトークンになります。これは決定している取引所への上場前に不正にDEXに流動性を提供させないための施策でもあります。BESトークンの”引換券”的な役割を果たします。

Libesの仮想通貨トークン/BESトークンの申し込みページ

12月20日までプレセール販売開催中! 

BESトークンLINE登録用

オープンチャット
BESトークンオープンチャット